小烏龜防空洞

小烏龜防空洞又稱呼為「丸龜型防空洞」,於日本兵舍旁皆配有一龜型防空洞,日軍用於反登陸及美軍掃射兵營時躲藏用,於戰鬥詳報中詳實記錄有躲入防空洞而降低傷害的案例。

戰後眷村人稱呼為「小烏龜防空洞」,隨著眷村住戶增改建可見部分防空洞被眷村院落包圍,小烏龜防空洞也時常成為眷村孩童躲藏、玩耍的娛樂空間,今日的虎尾建國眷村仍留有大量的龜型防空洞,為虎尾建國眷村的特殊文化景觀。

小亀型防空壕

小亀型防空壕は「丸亀型防空壕」とも呼ばれています。日本兵舎のそばには一つの亀型防空壕が配置されており、日本軍は反上陸と米軍の兵営掃射から避難するために使いました。戦闘詳報には防空壕に入って避難して被害を減らした事例が詳しく記録されています。

戦後、眷村の住民が小亀防空壕と呼び、眷村の増改築によって一部の防空壕が眷村に囲まれており、小亀防空壕では、いつも眷村の子供たちの隠れん坊などの遊び場になっています。今日の虎尾建国眷村にはまだ多くの亀型防空壕が残っていて、これが建国眷村の特異な文化景観になっています。