忠棟

「忠棟」為日治時期為飛行員兵舍,戰後接收初期名為「戊棟」,於虎尾飛行初級訓練班時期因機場兵舍不夠使用,而將戊棟改為「忠棟」,最為單身飛行員宿舍,眷村居民又稱為「光桿宿舍」,此為「眷村」中較為特殊的居住功能,眷村大多入住有家眷的軍人家庭,但虎尾建國眷村中忠棟因應飛行場需求而成為單身飛行員宿舍,成為眷村中無家眷的單身宿舍。虎尾初級飛行訓練班結束後,「忠棟」回歸一般軍人眷屬居住使用。

忠棟

忠棟は、日本統治時代にはパイロットの兵舎でした。戦後、接収された初期には「 戊棟」と呼ばれ、虎尾飛行初級訓練班の時期に兵舎が不足したので、戊棟を忠棟に変えて、独身パイロットの宿舎になり、眷村の住民から「光杆(独身)宿舎」と呼ばれていました。これは眷村の中でも、比較的特別な住居です。眷村には殆どの軍人が家族がある人達でしたので、その家族が入居していました。しかし、虎尾建国眷村の忠棟は飛行場の拡充に伴い独身のパイロットの宿舎になり、独り身の独身宿舎になりました。虎尾初級飛行訓練班が終わった後、忠棟は一般軍人の家族達が住むことを目的に返還されました。